WEBマニュアル・サンプル

運用マニュアル❶(SEO:キーワード設定)

キーワードと共起語

※※※※※※※※※※※

H1キーワードはページ毎に、ページ内容にマッチしたワードを使ってください。

H2キーワードも同じで、欲張ってあれもこれもと入れないでください。

※※※※※※※※※※※

 

【原稿】

今回はホームページ運用で一番大切な更新作業です。

Googleの順位決定のアルゴイズムの大前提は、ユーザーファーストです。
ユーザーのためになるのか? ならないのか?
が問われます。

例1

あなたが都内をドライブ中で、駅前の駐車場を探しているとします。

例えば、新宿駅前、駐車場 と検索したとします。

スマホに現れた上位のリストは不動産会社ばかりです。

そして、クリックすると、家の販売や賃貸の情報ばかり出てきました。

あなたは、今すぐ駅前の駐車場の空きをさがしているのに、
不動産の情報ばかり出てきたら、

あなたは嬉しいですか?

原因は、業者が作るホームページに、ありとあらゆる、関連キーワードを埋め込んでいたためです。

このようなスパムレベルのエスイーオーが常識だったのです。

みなさんは、このような、欲張りキーワード埋め込みは辞めて下さい。

現在のGoogleでは、この様なやり方だと、逆にペナルティーとなります。

これから、あなたは、ホームページ制作で、

ページ作成とブログ記事作成を行いますが、

ブログ記事では

エッチワンタグは1回だけ、メインキーワードで使用して下さい。

次に
エッチツーは5回以下を目安にサブキーワードで使って下さい。

その下の
エッチスリータグ以下は、回数は問いません。

では、次にキーワードについてです。

メインキーワードはキーワード取得無料ツールを使って、リストを取得して下さい。

そして、関連後も積極的に使ってください。

これは
”きょうきご”といいます。

関連するワードの事です。

無料のツールがありますので、すぐに調べることができます。

このように、
ブログ記事にピンポイントで絞ったキーワードと”きょうきご”を入れながら記事を書いてください。

今回は以上です。